サイトへ戻る

ピアノ教室奮闘記とでもしようか3

ピアノ講師としての奮闘記とも言える。

ほぼ毎日レッスンしております。

それこそ、1日のレッスン出来る人数は

先生の数だけ違うでしょうよ

以前大手教室で大人のレッスンしていた時、1時間で5・6人の生徒さんをレッスンしていました

グループレッスンが基本やけどね、全員個別指導を希望。

まぁそうでしょうよ。でも9000円ほどのお月謝を月3回10分程

まぁ1時間教室に入って電子ピアノで練習は出来るけどね・・・

でも月に3回10分9000円です。

納得出来るレッスンせなアカン。これ最重要課題、

それと生徒さんが望む事をアドバイスするこれ当たり前プラスαは絶対必要

専門的なアドバイスしかり、雑学しかり・・・「いつも知識は新しく」これがスローガン

パッと出された曲弾けて当たり前、「 知らない・出来ない」死語やから。

知らんかったら、勉強すりゃいい、いつもアンテナ貼ってます。

政治、経済なんでもどうぞ。 思想も宗教もなんでもござれ。

でもこんなんしんどい思ったらやってられへん。

全部自分の為になる。こんなんずっとやってたら私なんかすごいのとちゃうの?

めっちゃ楽しくて、ワクワクするやん。

なんの話や?

要するに忙しいのも結構な事って事

ほんで数もそこそこ大事、それに対して誠意を持って、勉強する気持ちがめっちゃ生まれる。

「このままではアカン」

「なんとかせな」

いやでもなんとかするっていう話。

ほんで、いやいやしてもアカンから、進んでやりましょ。って事

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。