サイトへ戻る

コード奏法を

ピアノレッスンに取りいれよう!

· ピアノ教室,講座案内

ムジカノーヴァ4月号に掲載して頂きました

ポピュラー導入のカギは「スケールとカデンツ」にあった!

のお話をさせて頂く機会を頂きました。

 

7月30日(木)10:30~12:30

玉田ピアノ石橋センターさまにて開催いたします。

それでは、コードの入口をちらりとお伝え致します。

【コードの入口】

それは音階です。ポピュラーピアノレッスンはコードを覚えて弾く事ではなく

音階に出来る和音の働きを理解することが大事です。

それはポピュラーピアノだけでなく、クラシック音楽でも一緒ですよね

コードネームを覚えるよりも和音の働きを知る事が重要です。

それと終止感は耳で覚えた方が良いよね~っていう事で

音階と和音進行(Ⅰ Ⅳ Ⅴ₇ Ⅰ)を弾く練習をします。

お勧めはハ長調とハ短調いわゆる同主調同士を先ず練習します。

コードだと Ⅰは C Cm Ⅳは F Fm Ⅴ₇は G₇ 

コードを覚えると同時に響きも耳に残ってくれます。

和音記号を取り入れる事で使っているテキストにも

書き入れる事が出来ますし、簡単な分析もできます。

なんでもそうですが、繰り返しすることで

理解が深まるのではないでしょうか?

ピアノで大事なのは「音の調和」です。

毎回の練習で弾く事で、長調、短調の響き、終止形の響きを

耳に入れて欲しいと思い取り入れています。

コツコツだけど、コツコツから得られることは計り知れないですよね。

でも小さい生徒さんにいきなりコツコツやりましょう!!って言っても

難しいから・・・

知らずにコツコツ、実を結んで欲しいなと思います。

そんな、コードに結び付くレッスンを提案させて頂きます。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。