サイトへ戻る

さぁ〜どうする?

生き残りをかけて

· ピアノ教室

「新型コロナウィルス」んーーー

中々の手強さ・・・ 人と人を介していくうちに

どんどんと耐性がついて強くなってんのかしら?

それとも元々こんなに強いのかな?

 

「ウィルス」も生きたい、増やしたい。

そもそもが生き残るための生存をかけた戦いやもん。

本気でぶつかってきてるもんに立ち向かうには

本気でいかないと!って思うんだけど。

 

現実は「へなちょこ戦士」ばっかり・・・

大丈夫かい! あっちは捨て身で来てるよ。

外野だけが危機感持ってるこの状態ってどうなの?

 

教室でも3月1日に予定していたイベントを中止しました。

 

その場がイコール感染するかもではない。

 

その場を作るために動く過程において

行動範囲が広がる事でリスクが高くなる。

 

そして大事なのは「あの場所に行ったから?」という

原因の一つとして考えられるという可能性を

控えるという事も、信用第一の仕事としては

第一優先に考えるべきかなと思います。

 

個人レッスンの教室なので、今の時点でレッスンを休講するという

判断はしておりません。

 

ですが安心して来て頂く為に、準備している事はもちろんですが

講師自身も自らの仕事の責任の上で、日々の行動を慎むという

宣言を保護者の皆様にお伝えした方が良いとは思います。

 

もういっぺん言いまっせ。

 

あっちは

生き残りかけて、本気の戦いしてまっせ。

こっちも本気になって守らんと。

 

 

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。