サイトへ戻る

レッスン・プラス・ワン200号

· ピアノ教室,LPO連載中,聞いて!まるみえ先生

今回のお悩みは・・・

「曲の完成度をどこまで高める?」というお悩みを頂きました。

この中でも書きましたが、毎回、毎回変わります。来てくれた事に感謝して、ちょっと右手も弾けたら「お〜〜〜!出来たやん!!◯まるや〜〜」って時もあれば中々◯を出さない時もあれば

「もう1回弾いてくれたら絶対何かが変わるわ!」って時は粘ります。

先生の目安・今までの経験・「この曲はこうだから」などまぁ〜もちろんそういうことも大事なのかもしれませんが、それに縛られると見えるものも見えなくなっちゃう・・・

自由な目線を持つことが、生徒さんの持つ可能性だったり、好きな音楽性などを発見する良い機会のように思います。

「先生を通した目で音楽を見ている」事の怖さを常に感じながら、

なるべく自由な開けた目線でレッスンしたいなぁ〜〜と想います

大事なことは伝えつつ・・・自主性と自分への自信を持てるようにレッスンをしていきたいと

強くそう思う今日この頃です

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK