サイトへ戻る

自分の出来ること、自分が出来ること

時々疑問に思う事がある・・・

「無限の可能性がある!何にだってなれる」的な

「なりたいものになれるんだ」的な

先にそれがきたらアカンやろ? といつも思う。

その前に「自分」ってなんやろ?という作業が必要ちゃう?

ひと昔前はそれがいろんな壁やったり、

押さえつけられた教育やったり、

出来ないことをさらされる

心ない言葉が多かったから自分を過小評価してしまう

事もあったと思う。

でも今は逆に

可能性ありすぎて、なんでも出来ると思いこまされすぎて

ごちゃごちゃになってるように思うんだけど・・・

「得意を活かす」「得意を知る」という事は

「できないことも知る」ことでもある。

最近そこを伝えもれてるように思うんだけども・・・

出来ない事を知っておくということも実は大事ちゃうかな?

出来る人にリスペクトする気持ちも生まれる。

謙虚も生まれる。

相手の出来るに嫉妬する事もなくなるよね。

「自分はこれが出来るから」「自分のできない事をやれる人もすごい」

「君が今出来る事は何かな? 自分の出来る事をすれば

 何にだってなれるよ」

「自分の出来ることは自分では案外ちっぽけなものやけど

 他人から見たらすごい事やで」

を伝える方が良いと思うのだが・・・

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。