サイトへ戻る

平成の30年間・・・その1

曲がりくねってる割には、

やりたい事につながっているように思う。

令和になって今日で3日

改めて平成30年間を振り返ってみようと思った。

ちょうど、楽器店に就職して奈良そごうに勤務していた頃

バブルは最後の盛り上がり。

若い私でも高額のピアノや高額の楽器などがバンバン売れる時代でした。

初めての給料、初めてのボーナス、

初めての会議、研修、社員旅行、打ち上げ、社会に出て経験すること事

初めて尽くし・・・

今まで、音楽以外のところで色んな経験を積んできた私にとって

楽器や音楽に毎日触れる事が出来、大好きな販売も

出来るので、大変やりがいのある仕事でした。

男女雇用均等法もあり、同世代でメーカーに勤務していた

同世代の同性の方々とやり取りしたり、

親元で暮らしていましたが、経済的な独立も出来

充実した毎日を送っていました。

そこで出会った上司と知り合い交際

(今のお父ちゃんです。)

又ピアノレッスンなんて出来ないと思っていたけど

チケット制のピアノレッスンの講師にもなり

大人の方や

ピアノ購入前の小さい子どもさんへもピアノレッスンを

仕事として出来る事になりました。

ふー書き出したら、30年間は色んなもんが詰まってる^_^

そういや

令和はどう老いていくか? がテーマかな

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。